2019年6月19日(水)

プロ野球

巨人・山口俊の処分「重過ぎる」 選手会が再検討要求

2017/8/28 18:54
保存
共有
印刷
その他

日本プロ野球選手会は28日、巨人の山口俊投手が東京都内の病院で男性警備員を負傷させたなどとして今季終了までの出場停止と罰金、減俸を科されたことに対し、処分が重過ぎるとして巨人に再検討を求めるとともに、熊崎勝彦コミッショナーに適切な調査や裁定を要求したと発表した。

選手会は、逮捕に至った事案ではないことや、被害者と示談が成立していることから、過去の例に照らしても総額1億円以上の罰金、減俸は不当に重いと主張。また、巨人が契約解除をちらつかせて入団時に結んだ複数年契約の見直しを迫り、数億円の金銭的なペナルティーを与えたとして、独占禁止法で禁止される優越的地位の乱用に当たると抗議している。

巨人球団広報部は「山口俊投手に対する処分は妥当と考えています」とのコメントを発表した。熊崎コミッショナーは「意見が出たことは真摯に受け止め、プロ野球実行委員会に報告する」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

八回、代打・陽岱鋼が右越えに勝ち越し二塁打を放つ=共同

 八回1死二塁。代打に送り出された巨人・陽岱鋼に迷いはなかった。「初球から打ちに行こう。振らないと受け身になってしまう」。決意はしていても、実際にバットを振れる打者は決して多くないが、そこは勝負師。
…続き (0:25)

3回西武1死、山川が左中間に本塁打を放つ(18日、ナゴヤドーム)=共同

【ロッテ6―2広島】ロッテは2―2の延長十一回1死三塁で代打清田が左前に勝ち越し打を放つと、鈴木や代打高浜も二塁打で続いて突き放した。救援陣が無失点でつなぎ、5番手の田中が4勝目を挙げた。広島は逃げ切 …続き (18日 22:54更新)

4回中日2死一塁、藤井が右翼線に適時2塁打を放つ(17日、ZOZOマリン)=共同

【中日5―4ロッテ】中日は0―2の四回に大島、ビシエドの連続適時打と藤井の二塁打などで4点を奪った。ロメロは11奪三振の7回4失点で4勝目。R・マルティネスが2セーブ目。ロッテは初登板の中村稔が崩れ、 …続き (17日 21:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]