/

チーム・レブロンが逆転勝ち NBAオールスター戦

【シカゴ=共同】米プロバスケットボールNBAのオールスター戦は16日、シカゴで行われ、レブロン・ジェームズ(レーカーズ)が主将を務める「チーム・レブロン」が157-155でヤニス・アデトクンボ(バックス)が主将の「チーム・ヤニス」に逆転勝ちした。試合は東西のカンファレンスで最多得票の2選手が主将を務め、それぞれが東西に関係なく選手を選んだ。

両チームで最多の30点を挙げたチーム・レブロンのカワイ・レナード(クリッパーズ)が最優秀選手賞の「コービー・ブライアントMVP賞」に輝いた。

今回は1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなったブライアントさんを悼み、試合前に現役時代の背番号にちなみ8秒間黙とう。背番号は「チーム・ヤニス」がブライアントさんの引退時の「24」、「チーム・レブロン」は同じ事故で亡くなった娘ジアナさんがバスケットボールチームでつけていた「2」をつけてプレーした。

後半戦の第18週は20日(日本時間21日)に始まる。

亡くなったブライアントさんの「24」と娘ジアナさんの「2」をつけてプレーする両チームの選手たち(16日、シカゴ)=共同

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン