プロ野球

広島ジョンソンが沢村賞 外国人投手はバッキー以来

2016/10/24 17:25
保存
共有
印刷
その他

沢村賞を受賞し、笑顔でポーズをとる広島・ジョンソン(24日、札幌ドーム)=共同

沢村賞を受賞し、笑顔でポーズをとる広島・ジョンソン(24日、札幌ドーム)=共同

プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が24日、東京都内で開かれ、広島のジョンソン投手(32)が選ばれた。外国人投手の受賞は1964年のバッキー(阪神)以来で、タイトル獲得なしで選出されたのは81年の西本聖(巨人)以来。昨季の前田健太に続き、広島から2年連続で選ばれた。

今季のジョンソンは26試合に登板して180回1/3を投げ、15勝(7敗)、防御率2.15、勝率6割8分2厘、141奪三振、3完投。先発完投型の投手が対象の選考基準は15勝、防御率2.50、200投球回、10完投、150奪三振、25試合登板、勝率6割の7項目で、クリアしたのは4項目だけだった。

当初、堀内委員長と村田兆治委員は該当者なしという意見を出したが、他の3人の委員がジョンソンを挙げた。野村祐輔(広島)らも候補に挙がったが、堀内委員長は「いろんな選手の名前も出たが、淘汰していった。私と村田さんが選ぶならジョンソン」と選考過程を説明した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回ソフトバンク2死満塁、デスパイネに2点適時打を浴び、降板する巨人の戸郷(右)

 ベテラン亀井が豪快なソロ2発で奮闘しても、巨人に勝利は遠かった。若い投手陣の経験のなさが大舞台でまともに出て3連敗。早くも崖っぷちに追い込まれた。
ソフトバンク3連勝、日本一に王手
 2―2の四回、 …続き (22日 23:16)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 三回、フルカウントからソフトバンク・川島の打球はわずかに左翼ポールの外側にそれた。今季の本塁打は1本。めったにない大飛球に気をよくして欲が出てもおかしくなかったが、直後の低めの直球を悠然と見逃した。 …続き (22日 23:13)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 SMBC日本シリーズ2019は22日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が6―2で7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)を下して3連勝を …続き (22日 22:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]