/

ボクシング井上尚「世代交代を」 WBSS決勝へ練習公開

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級王者の26歳、井上尚弥(大橋)が28日、横浜市のジムでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝(11月7日・さいたまスーパーアリーナ)へ向けた練習を公開し「世代交代と思っている。キャリア一の試合をしたい」と淡々と意気込みを語った。

WBA同級スーパー王者で世界5階級制覇の実績があるノニト・ドネア(フィリピン)との決戦。世界3階級制覇の井上尚は「警戒するのはキャリアのみ。(36歳の)ドネアより若さ、スピードがあるので生かして闘う」と力強い。

公開は約10分でシャドーボクシングとミット打ち1ラウンドのみ。減量は残り3キロで頬がこけた顔は精悍さが増した。「予定通り順調。どういう倒し方をするか注目してほしい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン