/

稀勢の里、9戦全勝も不安視の声 連合稽古

二所ノ関一門の連合稽古で嘉風(手前)と相撲を取る稀勢の里(7日、東京都江東区の尾車部屋)=共同

大相撲の二所ノ関一門による連合稽古が7日、東京都江東区の尾車部屋で始まり、左大胸筋などのけがで6場所連続休場中の横綱稀勢の里は平幕嘉風に9戦全勝したが、本調子とはいえない内容に親方衆からは不安視する声が相次いだ。

立ち合いで得意の左おっつけで崩す場面はなかった。左を固めて当たり、左四つでつかまえて体格差を生かした寄りなどが大半。食い下がる相手に右上手を引くのも苦労した。稀勢の里は「良くなってはいる。あと少しの修正。腕の使い方もそう」と前向きに話した。

6日は風邪で稽古を休んだが、体調に問題がないことを強調。ただ、夏場所(13日初日・両国国技館)への出場可否については言及しなかった。

見守った芝田山親方(元横綱大乃国)は「もっと番数をこなしてほしい。今のままじゃ厳しい」と指摘。尾車親方(元大関琴風)は「体もしっかりしてきた。ただもう(初日まで)日にちがない」と複雑な表情だった。解説者の舞の海秀平氏(元小結)は「左は以前のように力が出ない。右上手を取ってくれたら安心なんだけど」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン