サッカー

ビーチサッカー、日本代表に茂怜羅ら12人 21日からW杯

2019/11/11 17:17
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は11日、ビーチサッカーのワールドカップ(W杯)パラグアイ大会(21日~12月1日)に臨む日本代表12人を発表し、ブラジル出身のエース茂怜羅(東京V)や9度目のW杯となるGK照喜名(琉球エリスリナ)らが名を連ねた。

サッカー元日本代表のラモス監督が率いるチームは16日までリオデジャネイロで合宿を行い、17日に大会が行われるアスンシオンに移動。1次リーグでは開催国パラグアイ、米国、スイスと顔を合わせる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールは13日、クロップ監督との契約を2024年まで延長したと発表した。ドイツ出身で52歳の同監督は15年10月に就任。昨季の欧州チャンピオンズリーグ(C …続き (13日 22:25)

香港戦に向け調整する仲川(中央)ら(13日、釜山)=共同

 【釜山=共同】サッカーの東アジアE―1選手権は14日に日本代表の第2戦が行われ、男子は午後7時半から香港代表、女子「なでしこジャパン」は午後3時55分から中国代表と対戦する。13日は開催地釜山で大半 …続き (13日 20:49)

ギマラインス戦の前半、ゴールを決めるEフランクフルトの鎌田=左端(12日、フランクフルト)=共同

 【フランクフルト(ドイツ)=共同】サッカーの欧州リーグは12日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、F組でアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)の鎌田大地がギマラインス(ポルトガル)戦の前半38分にゴ …続き (13日 8:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]