/

JRA、ルメールが最優秀騎手 4年連続4度目

日本中央競馬会(JRA)は4日、「2020年度JRA賞」の各賞を発表し、騎手部門の「MVJ(最優秀騎手)」は、クリストフ・ルメール騎手が4年連続4度目の受賞となった。

MVJはJRAと地方、海外の指定レースの成績を勝利数、獲得賞金などの項目でポイント化し、総合最上位者が受賞。同騎手はJRAで204勝を挙げ、4年連続の最多勝タイトルを獲得した。

年度代表馬などの競走馬部門は6日に決まる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン