/

瀬戸は3種目エントリー 競泳五輪代表選考会

日本水連は16日、東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(4月2~7日・東京アクアティクスセンター)のエントリーを公開し、男子の瀬戸大也(ANA)は五輪代表に決まっている200メートルと400メートルの個人メドレーに加えて200メートルバタフライ、萩野公介(ブリヂストン)は個人メドレー2種目と200メートル自由形の計3種目に出場登録した。

自由形の松元克央(セントラルスポーツ)は50メートル、100メートル、200メートルに出場、平泳ぎの渡辺一平(トヨタ自動車)は100メートルと200メートルを泳ぐ。女子では大橋悠依(イトマン東進)が個人メドレー2種目のほか200メートルバタフライにエントリーした。

大会は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて会期が短縮されたが、既に締め切られたエントリーは変更されなかった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン