プロ野球

沢村賞、19年ぶり該当者なし 堀内氏「レベル落としたくない」

2019/10/21 17:38
保存
共有
印刷
その他

プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が21日、東京都内で開かれ、2000年以来19年ぶりに該当者なしとすることが決まった。堀内恒夫選考委員長は「賞のレベルを落としたくない」と理由を述べた。

「沢村賞」の選考委員会を終え、該当者がいないことを発表する堀内恒夫選考委員長(21日、東京都内のホテル)=共同

「沢村賞」の選考委員会を終え、該当者がいないことを発表する堀内恒夫選考委員長(21日、東京都内のホテル)=共同

5人の選考委員による議論では、セ、パ両リーグでそれぞれ最多勝に輝いた巨人の山口俊投手と日本ハムの有原航平投手が有力候補に挙げられたが、完投数や投球回数の少なさがネックとなり受賞には至らなかった。

沢村賞の選考基準は15勝、150奪三振、10完投、防御率2.50、200投球回、25試合登板、勝率6割の7項目。山口は15勝、188奪三振、26登板、勝率7割8分9厘、有原は15勝、161奪三振、防御率2.46、勝率6割5分2厘でともに4項目をクリアしたが、完投は山口が0、有原が1にとどまった。今季は200投球回、10完投ともに到達した投手がいなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

中日の打撃コーチに就任が決まったアロンゾ・パウエル氏(18日、ナゴヤ球場)=共同

 中日は18日、球団OBで、3年連続で首位打者の実績を持つアロンゾ・パウエル氏(54)が来季1軍、2軍巡回の打撃コーチに就任すると発表した。この日、来日して契約したパウエル氏は「ベストを尽くす。いろん …続き (0:25)

甲斐野は韓国打線を3者凡退に封じた

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」決勝で、日本は韓国に5―3で逆転勝ちし、初優勝した。狙い通りに世界一を手にした侍ジャパンだが、2次ラウンド以降の5戦は全て2点差以内と紙一重の …続き (18日 23:06)

契約更改を終え、記者会見する日本ハムの吉田輝星投手(18日、千葉県鎌ケ谷市)=共同

 日本ハムの吉田輝星投手が18日、千葉県鎌ケ谷市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、30万円増の年俸1030万円でサインした。秋田・金足農高から入団し、新人だった今季は4試合に登板して1勝3敗、防御率 …続き (18日 21:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]