プロ野球

ソフトバンク千賀、7日の楽天戦で復帰 チーム窮状で前倒し

2020/7/6 16:17
保存
共有
印刷
その他

故障で出遅れたソフトバンクの千賀滉大投手が7日の楽天戦(ペイペイドーム)で先発し、今季1軍初登板を果たす。6日は本拠地で調整。捕手を座らせずにシンカー系の新球も交え、マウンドから23球を投じた。一塁へのけん制も確認したエースは「体やパフォーマンスにそこまで不安は覚えていない。すごい楽しみ」と胸を躍らせた。

2月のキャンプは初日から右ふくらはぎの張りで別メニューとなり、投球練習を再開して迎えた終盤には右前腕に張りを訴えた。ノースロー調整が長引き、初実戦は6月7日の2軍戦までかかった。

もう一度2軍での登板を経るプランもあったが、勝率が5割を切るチームの窮状を打破するため、本拠地6連戦の初戦を"前倒し"で託された。「最初からこの案もなかったわけではない」と浮ついた様子はなかった。

首位楽天はチーム打率が3割を超えており、「一番強い」と素直にたたえる。無観客試合の雰囲気の適応を課題に挙げた上で「向かっていくことを忘れずにマウンドに上がりたい」と真っ向勝負を誓った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 楽天に移籍した涌井の背番号「18」を継承したロッテの二木が7回2失点で今季初勝利。6月30日の楽天戦で二回途中6失点でKOされて2軍落ち。1カ月間、直球の球威を上げるための下半身の使い方を調整してき …続き (8日 23:08)

 七回、1点差に迫ってなお2死満塁で打順が回った日本ハムの渡辺。160キロ超を連発する西武のギャレットに「人生で一番速い球」と驚きながらもファウルで粘り、フルカウントからの160キロを左前に運ぶ決勝2 …続き (8日 23:07)

 5回DeNA2死二塁、佐野が中越えに勝ち越し2ランを放つ=共同

 DeNAの4番佐野が五回、ヤクルト小川の投じた12球目をはじき返した。根負けしたように甘く来たスライダーを完璧に捉えた一撃が中堅バックスクリーンへ。「粘りながら集中力を切らさず打てた」という勝ち越し …続き (8日 23:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]