/

JX-ENEOS吉田「11連覇狙う」 バスケWリーグ準決勝

バスケットボール女子のWリーグで、23日からのプレーオフ準決勝(豊田市総合体育館)に臨む4チームの主将が18日、東京都内で記者会見し、皇后杯全日本選手権覇者でリーグ10連覇中のJX-ENEOSの吉田亜沙美は「11連覇に挑戦できるのは自分たちしかいない。優勝したい」と意欲を語った。

Wリーグ・プレーオフ準決勝を前に記者会見し、撮影に応じる各チームの主将。左から2人目はJX-ENEOSの吉田主将(18日、東京都文京区)=共同

準決勝と、3月2日から大田区総合体育館で行われる決勝は2戦先勝方式で争われる。JX-ENEOSに挑むデンソーの高田真希は警戒する選手に身長193センチの渡嘉敷来夢を挙げ「自分が守れるように。出だしが大事」と気を引き締めた。

トヨタ自動車の三好南穂は「ハードにプレーして2勝したい」、対する三菱電機の小菅由香は「優勝に向かって一丸となってやっていく」と火花を散らした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン