/

福岡国際マラソン、五輪代表の服部を招待 12月に開催

福岡国際マラソン(12月6日・平和台陸上競技場発着)の大会事務局は26日、国内招待選手として東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)や、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)ら8人を発表した。

服部は9月に1万メートルの自己新記録を出し、新型コロナウイルス禍でも成長を示した。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーはオンライン記者会見で「最低、6分台は出してもらいたい」と、自己記録2時間7分27秒の更新を期待した。

新型コロナの影響で、昨年約500人だった参加者は97人と規模を縮小。沿道での応援も自粛を呼び掛ける。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン