/

室伏が日本選手権欠場 ハンマー投げ、20連覇で途切れる

日本陸連は15日、男子ハンマー投げで2004年アテネ五輪金、12年ロンドン五輪銅メダルの室伏広治(40)=ミズノ=が日本選手権(26~28日・新潟市)を欠場すると発表した。大会史上最長の20連覇中だったが、記録は途切れることとなった。所属先によると現役は続ける意向だが、現時点で今季は試合出場の予定がなく、8月の世界選手権(北京)代表からも外れる。

84メートル86の日本記録を持つ室伏は1992年に日本選手権に初出場し、95年の初制覇から優勝を重ねてきた。日本陸連を通じて出した談話では「いつまでも自分が出場し続けることによって後輩が育たないとも感じる。世界で戦える、若い選手が育つことを望んでいる」と説明し、来年のリオデジャネイロ五輪に向けた意向は「年が明けてから示したい」と挑戦へ含みを持たせた。

室伏は2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会で競技運営の調整役となるスポーツディレクターと理事を務め、日本陸連の理事就任も決まるなど、近年は競技外での活動が増えている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン