ラグビー

おかえり「レンジー」 W杯から協会マスコットへ

2020/8/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本ラグビー協会は24日、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の公式マスコットだった「レンジー」が日本協会の公式マスコットに決定したと発表した。W杯で役目を終えていたが人気が高く、ラグビーの価値を広める存在として復活することになった。

連獅子をモチーフにしているレンジーは、髪の毛が白い親の「レン」と、赤い子どもの「ジー」の2体で構成している。W杯日本大会組織委員会が実績ある専門家に呼び掛けて10組、50作品から選考。2018年1月にお披露目され、イベントなどで活躍していた。

日本協会の公式マスコットは初めて。森重隆会長は「レンジーが大切にしているチームプレー、勇気、フェアプレーはラグビーに欠かせない価値。強く発信していきたい」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

ラグビー7人制男子日本代表候補合宿で調整する林=左(29日、東京都府中市)=共同

 東京都府中市で合宿中のラグビー7人制男子の日本代表候補が29日、新型コロナウイルスで自粛していた活動の再開以降で初めて練習を報道陣に公開し、実戦形式の練習を行った。オンラインで取材に応じた林(日本協 …続き (29日 21:02)

 ラグビーのトップリーグ、東芝は28日、元ニュージーランド代表のCTBセタ・タマニバル(28)ら2選手の加入を発表した。〔共同〕 …続き (28日 12:19)

 ラグビーのテストマッチは25日、パリ郊外のサンドニで行われ、フランスがウェールズを38―21で下した。ウェールズのジョーンズ主将は148試合目のテストマッチ出場で、元ニュージーランド代表主将のマコウ …続き (25日 19:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]