プロ野球

ロッテ福浦が引退試合 「幸せな野球人生だった」

2019/9/23 19:42
保存
共有
印刷
その他

ロッテの福浦和也2軍打撃コーチ兼内野手(43)が23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に出場して26年間の現役生活に別れを告げた。7番で先発して4打数無安打に終わったが、九回に指名打者を解除して慣れ親しんだ一塁の守備に就き、ライナーを好捕して試合を締めて球場を大いに沸かせた。試合後のセレモニーでは「たくさんの方に見送っていただき、幸せな野球人生でした」と感謝の言葉を並べた。

引退セレモニーでナインに胴上げされるロッテ・福浦(23日、ZOZOマリン)=共同

引退セレモニーでナインに胴上げされるロッテ・福浦(23日、ZOZOマリン)=共同

昨年9月に通算2千安打を達成し、今年1月に引退を表明した。今季はコーチ業の傍ら、選手として練習を重ねて引退試合で今季初の1軍出場。選手たちに背番号と同じ9度、胴上げされた。

千葉・習志野高から1994年にドラフト7位で投手として入団。1年目の途中で野手に転向した。2001年に打率3割4分6厘で首位打者を獲得すると6年連続で打率3割以上をマーク。05年と10年にチームの日本一に貢献した。通算成績は2235試合に出場して打率2割8分4厘、2千安打、118本塁打、935打点だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回ソフトバンク2死満塁、デスパイネに2点適時打を浴び、降板する巨人の戸郷(右)

 ベテラン亀井が豪快なソロ2発で奮闘しても、巨人に勝利は遠かった。若い投手陣の経験のなさが大舞台でまともに出て3連敗。早くも崖っぷちに追い込まれた。
ソフトバンク3連勝、日本一に王手
 2―2の四回、 …続き (22日 23:16)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 三回、フルカウントからソフトバンク・川島の打球はわずかに左翼ポールの外側にそれた。今季の本塁打は1本。めったにない大飛球に気をよくして欲が出てもおかしくなかったが、直後の低めの直球を悠然と見逃した。 …続き (22日 23:13)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 SMBC日本シリーズ2019は22日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が6―2で7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)を下して3連勝を …続き (22日 22:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]