2018年2月20日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

平幕優勝の栃ノ心、春場所へ稽古再開 「勝ち越したい」

2018/2/5 21:59
保存
共有
印刷
その他

稽古を再開した栃ノ心(5日、東京都墨田区の春日野部屋)=共同

稽古を再開した栃ノ心(5日、東京都墨田区の春日野部屋)=共同

 1月の大相撲初場所で、6年ぶりの平幕優勝を成し遂げた栃ノ心が5日、東京都墨田区の春日野部屋で春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)に向けた稽古を再開した。30歳の実力者は10場所ぶりの関脇復帰が濃厚。初場所の勢いを持続すれば大関候補としても期待が膨らみ「まず、三役で勝ち越したい」と力強く意気込んだ。

 過去、三役を9場所務めているが、勝ち越したのは東小結で10勝を挙げた2015年秋場所だけ。初場所は右四つ左上手の正攻法を武器に14勝1敗の好成績で「何が起こるか分からない。たまたま優勝したと言われないようにしないといけない」と精進の継続を誓う。

 稽古は、四股やてっぽうの基本運動に、ぶつかり稽古で胸を出す軽めの内容。「けがをしないで徐々にやっていけたらいい。勝ちたいと思い過ぎないように、いつも通り、普通に稽古をしていきたい」と気負いはない。

 ジョージア出身力士として初制覇の快挙に祝福の連絡が殺到し、多忙だったという。一躍時の人となり、3日に訪問した節分の豆まきの会場では約200人の赤ちゃんの抱っこを求められたという。「いいトレーニングになったよ」と冗談交じりに話す場面もあった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワード

大相撲のコラム

相撲 一覧

現役続行を明言した豪風(19日、東京都江東区の高田川部屋)=共同

 大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)で十両転落が濃厚な38歳の幕内豪風が19日、現役続行を明言した。「心が動きだした。また頑張るということはできても、また現役復帰というのはできない …続き (19日 18:10)

部屋開きを終え、看板の前でポーズをとる東関親方と真充夫人(18日、東京都葛飾区)=共同

 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古で新たな門出を …続き (18日 18:34)

春日野親方(右)から優勝トロフィーを受け取る栃ノ心(11日、両国国技館)=共同

 大相撲のトーナメント大会は11日、東京・両国国技館で行われ、1月の初場所で6年ぶりの平幕優勝を遂げたジョージア出身の栃ノ心が初制覇した。決勝で関脇玉鷲を力強く寄り切り、賞金250万円などを獲得した。 …続き (11日 19:05)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]