2018年8月20日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

平幕優勝の栃ノ心、春場所へ稽古再開 「勝ち越したい」

2018/2/5 21:59
保存
共有
印刷
その他

稽古を再開した栃ノ心(5日、東京都墨田区の春日野部屋)=共同

稽古を再開した栃ノ心(5日、東京都墨田区の春日野部屋)=共同

 1月の大相撲初場所で、6年ぶりの平幕優勝を成し遂げた栃ノ心が5日、東京都墨田区の春日野部屋で春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)に向けた稽古を再開した。30歳の実力者は10場所ぶりの関脇復帰が濃厚。初場所の勢いを持続すれば大関候補としても期待が膨らみ「まず、三役で勝ち越したい」と力強く意気込んだ。

 過去、三役を9場所務めているが、勝ち越したのは東小結で10勝を挙げた2015年秋場所だけ。初場所は右四つ左上手の正攻法を武器に14勝1敗の好成績で「何が起こるか分からない。たまたま優勝したと言われないようにしないといけない」と精進の継続を誓う。

 稽古は、四股やてっぽうの基本運動に、ぶつかり稽古で胸を出す軽めの内容。「けがをしないで徐々にやっていけたらいい。勝ちたいと思い過ぎないように、いつも通り、普通に稽古をしていきたい」と気負いはない。

 ジョージア出身力士として初制覇の快挙に祝福の連絡が殺到し、多忙だったという。一躍時の人となり、3日に訪問した節分の豆まきの会場では約200人の赤ちゃんの抱っこを求められたという。「いいトレーニングになったよ」と冗談交じりに話す場面もあった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲の夏巡業で、稽古に臨む稀勢の里(18日、北海道帯広市)=共同

 大相撲の夏巡業が18日、北海道帯広市で行われ、左大胸筋痛などによる8場所連続休場からの復活を期す横綱稀勢の里は、朝稽古で平幕の正代、朝乃山と16番取って10勝6敗だった。視察に訪れた日本相撲協会の八 …続き (18日 18:50)

東日本大震災からの復興を祈願し、土俵入りを披露する横綱稀勢の里=中央(13日午後、仙台市)=共同

 大相撲の稀勢の里関と鶴竜関の2横綱が13日、東日本大震災からの復興を祈願し、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅で横綱土俵入りを披露した。
 見物した約550人の拍手を受けた稀勢の里関は「( …続き (13日 15:45)

ファンにサインをする白鵬(12日、仙台市)=共同

 大相撲の夏巡業は12日、仙台市で行われ、右膝痛を抱える横綱白鵬が手術を回避したことを明らかにした。投薬治療で様子を見る意向で「爆弾を抱えているのは間違いない。ただ、そんなに(動かすのが)邪魔なところ …続き (12日 20:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]