スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

朝乃山「一日一日を大事に」 夏場所中止、冷静に受け止め

2020/5/4 21:48
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルス感染拡大の影響による大相撲夏場所の中止が4日に決まった。関取衆らは冷静に受け止め、再び鍛錬に励む思いを口にした。

横綱白鵬は「目標がいったんなくなったことで残念。仕方ない」と受け止めた。目玉の新大関朝乃山は、昨年初優勝を果たした夏場所での晴れ舞台はかなわなかった。それでも「7月場所に向けて一日一日を大事に、今できることを続けていく」と前向きにコメント。横綱鶴竜は「7月場所で皆さんに元気な姿を見てもらえるようにしっかり準備する」と述べた。

人気の小兵、平幕炎鵬は「楽しみにしてくださっていた方もいるし、僕らもやると思って稽古をしてきた。それでも仕方がない。7月に向けてしっかり準備をしていく」と気持ちを切り替えた。

夏場所は西前頭筆頭の番付で、新三役を目指すはずだった豊山は「予想はしていたので、そこまで落ち込んではいない。次に勝ち越せばいいだけで、目標やモチベーションは失っていない」と気丈に話した。

日本相撲協会はウイルス感染防止のため、これまでは接触のあるぶつかり稽古などの自粛を通達していた。難しい調整が続き、全45部屋で3番目に多い28人の力士を抱える玉ノ井親方(元大関栃東)は「今は世の中が本当に大変な時期。しっかり基礎運動をやって、うまくコンディションをつくっていってあげたい」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 例年は11月の大相撲九州場所後に実施される冬巡業が、新型コロナウイルスの影響で今年は取りやめの見通しであることが11日、日本相撲協会関係者の話で分かった。春と秋の巡業は中止で、夏は予定がなく、今年は …続き (2:00)

 大相撲の中川部屋が閉鎖される方向であることが11日までに、日本相撲協会関係者の話で分かった。師匠の中川親方(54)=元幕内旭里、本名増田憲治、大阪府出身=による弟子への不適切な指導が原因とみられ、1 …続き (11日 8:44)

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は10日、オンラインで報道陣の取材に応じ、7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を前提とし、13日の臨時理事会で観客を入れるか否かを協議することを明らか …続き (10日 18:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]