2018年2月20日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里「悪くはない」 連合稽古で嘉風に8勝2敗

2017/11/6 17:31
保存
共有
印刷
その他

 大相撲九州場所(12日初日・福岡国際センター)で3場所連続休場からの再起を期す横綱稀勢の里は6日、福岡県春日市の尾車部屋で行われた二所ノ関一門による連合稽古に参加し、巧者の関脇嘉風と10番続けて取って8勝2敗と上々の結果だった。

 稀勢の里は3月の春場所で左上腕などを負傷後、身上の左からの攻めが消えていた。この日は左おっつけで押し、左はずからの突き落としで豪快に1回転させるなど内容にも明るい兆しが見られた。稽古後は「いいと思う。悪くはない」と慎重に述べた。

 全休明けから出場への手応えには「どうでしょうか」と含み笑いしつつ「納得を求めたら時間がかかるが、少しでも理想に近づけるようにしたい」と前向きに話した。

 周囲の反応はさまざまだ。7月の名古屋場所前の連合稽古で圧倒した嘉風は「横綱は左を使えるようになり、回復していると感じた。あの時とは当たりや圧力が違う」と分析する。

 一方で解説者の舞の海秀平氏(元小結)は「体全体の張りは良くて引き締まっていたが、まだ相撲勘が戻っていない。左ももう少し使えるようになれば」と評する。今場所に向け「何とか2桁勝利に乗せてほしい」と冷静な見解を示した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワード

相撲 一覧

現役続行を明言した豪風(19日、東京都江東区の高田川部屋)=共同

 大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)で十両転落が濃厚な38歳の幕内豪風が19日、現役続行を明言した。「心が動きだした。また頑張るということはできても、また現役復帰というのはできない …続き (19日 18:10)

部屋開きを終え、看板の前でポーズをとる東関親方と真充夫人(18日、東京都葛飾区)=共同

 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古で新たな門出を …続き (18日 18:34)

春日野親方(右)から優勝トロフィーを受け取る栃ノ心(11日、両国国技館)=共同

 大相撲のトーナメント大会は11日、東京・両国国技館で行われ、1月の初場所で6年ぶりの平幕優勝を遂げたジョージア出身の栃ノ心が初制覇した。決勝で関脇玉鷲を力強く寄り切り、賞金250万円などを獲得した。 …続き (11日 19:05)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]