/

ゴルフ畑岡、9月の日本女子プロ出場 開幕以来の国内戦

日本女子プロゴルフ協会は26日、東京都内で記者会見を開き、9月12日から兵庫県で開催される国内四大大会第2戦の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯に米ツアー3勝の畑岡奈紗、同19勝で2016年リオデジャネイロ五輪覇者の朴仁妃(韓国)、同10勝のフォン・シャンシャン(中国)が出場すると発表した。

畑岡は開幕戦以来の国内参戦となる。史上2人目の大会連覇を狙う申ジエ(韓国)は「渋野日向子選手の全英優勝で若い世代が影響を受けた。私も先輩として、いい影響をもたらせるようなプレーをしたい」と語った。

会場のチェリーヒルズGCのコース設定を担当する岡本綾子さんは「6400ヤード台と例年になく短い。通算20アンダー前後が出るのではないか」と予想した。

21年の第54回大会は茨城県の静ヒルズCCで開催すると発表された。20年は岡山県のJFE瀬戸内海GC。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン