2019年2月22日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里「良かった」 非公開で稽古再開

2018/12/3 16:42
保存
共有
印刷
その他

大相撲九州場所を右膝の負傷で途中休場し、初場所(来年1月13日初日・両国国技館)で進退が懸かる横綱稀勢の里が3日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を再開した。

非公開で行い、部屋関係者によると土俵には入らず、四股などの基本運動で汗を流したという。帰り際に感触について問われ「良かったです。体を動かさないと」と引き締まった表情を見せた。

九州場所では87年ぶりに横綱として初日から4連敗(不戦敗を除く)の不名誉だった。日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は初めて「激励」を決議して奮起を促し、複数の委員が初場所への出場を求めた。厳しい状況に追い込まれた稀勢の里は決議について聞かれ「はい」と言うにとどめた。2日から始まった冬巡業への合流は未定。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 相撲で昨年の全国高校総体と国体少年の個人を制した埼玉栄高3年の斎藤大輔が21日、さいたま市西区の同高で記者会見し、大相撲の八角部屋に入門し、春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新弟子検 …続き (21日 16:48)

郷土後援会による集いでファンと交流する荒磯親方(18日、茨城県牛久市)=共同

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が18日、出身地の茨城県牛久市で開かれた郷土後援会による「激励会・感謝の集い」に出席し、約400人のファンらと交流した。開会前に …続き (18日 21:32)

 大相撲の元大関で、5場所連続休場中の三段目の照ノ富士が16日、東京都内で取材に応じ、序二段に転落確実な3月の春場所の出場に慎重な姿勢を示した。「ぎりぎりまで分からないと思う。体と師匠(伊勢ケ浜親方= …続き (16日 19:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]