2019年8月21日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ウルフ、初の柔道日本一 原沢は敗戦も世界選手権代表に

2019/4/29 19:39
保存
共有
印刷
その他

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)男子100キロ超級の代表最終選考会を兼ねて行われ、2017年世界選手権100キロ級覇者で23歳のウルフ・アロン(了徳寺学園職)が決勝で12年全日本王者の加藤博剛(千葉県警)を延長の末、支え釣り込み足で技ありを奪って優勢勝ちし、初優勝を達成した。

平成最後の柔道全日本選手権で優勝し、天皇杯を手にするウルフ・アロン(29日、東京都千代田区の日本武道館)=共同

平成最後の柔道全日本選手権で優勝し、天皇杯を手にするウルフ・アロン(29日、東京都千代田区の日本武道館)=共同

ウルフは初戦の2回戦から準決勝まで4試合連続で一本勝ち。準々決勝では昨年準優勝で過去3度制覇の王子谷剛志(旭化成)、準決勝で小川雄勢(パーク24)と最重量級の強敵を撃破した。

16年リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級銀メダルで昨年覇者の原沢久喜(百五銀行)は準々決勝で太田彪雅(東海大)に敗れたが、国際大会の実績を考慮され、世界選手権代表に選ばれた。

五輪覇者の故斉藤仁氏の次男で、史上最年少の17歳1カ月で出場した斉藤立(東京・国士舘高)は3回戦で加藤に一本負け。3位は小川と太田。

20年東京五輪に向けて日本武道館が改修されるため、来年は千葉ポートアリーナで開かれる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

WBOフライ級戦の予備検診を受ける王者の田中恒成。奥は挑戦者のジョナサン・ゴンサレス(21日、名古屋市)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦(24日・名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)の予備検診が21日、名古屋市内で行われ、同級で2度目の防衛戦となる王者の田中恒成(畑中)、挑戦 …続き (15:44)

 ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会(JPBA)が、統括団体の日本ボクシングコミッション(JBC)と連携し、キックボクシングなど他の格闘技への門戸開放を視野に検討していることが21日、分かった …続き (13:32)

WBOフライ級戦に向け、練習を公開した挑戦者のジョナサン・ゴンサレス(20日、名古屋市)=共同

 24日の世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦(名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)で王者の田中恒成(畑中)に挑む同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)が20日、名古屋市 …続き (20日 17:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。