/

J1川崎の鬼木監督「自力Vへ再挑戦」 25日にG大阪戦

J1川崎の鬼木監督が23日、オンラインで取材に応じ、勝つか引き分ければ2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる25日のG大阪との直接対決へ「自分たちの思いをぶつけるゲームにしたい」と意気込んだ。4試合を残して優勝となれば、2010年に3試合を残して優勝が確定した名古屋を上回る最速記録となる。

川崎は勝てば優勝だった21日の大分戦に敗れ、22日に2位のG大阪が浦和に勝ったため優勝が持ち越しとなった。再び自力で決められる状況となり、鬼木監督は「もう一回チャレンジしたい思いがあった」と歓迎した。

主将のDF谷口が大分戦で一発退場し、G大阪戦は出場停止。エースFW小林は「今いる全員の力で勝てるよう、いい準備をしたい。気持ちを前面に出してプレーしたい」と闘志を燃やした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン