サッカー

常盤木学園・星槎国際湘南が決勝へ 高校女子サッカー

2019/1/7 16:59
保存
共有
印刷
その他

サッカーの全日本高校女子選手権第4日は7日、神戸ユニバー記念競技場で準決勝が行われ、13日の同会場での決勝は6大会ぶり6度目の優勝を目指す常盤木学園(宮城)と、初制覇が懸かる星槎国際湘南(神奈川)の顔合わせとなった。

常盤木学園は前半に沖野が先制、後半にも加藤栞が追加点を奪い、十文字(東京)を2-0で下した。星槎国際湘南は遠藤の先制ゴールなどで前半に3点を先行して優位に立ち、東海大福岡を4-0で退けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第2日は14日、ドーハで行われ、アジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)がアフリカ王者のエスペランス(チュニジア)に1―0で競り勝って準決勝に進出した。
 アルヒ …続き (1:18)

 【釜山=共同】日本サッカー協会は14日、東アジアE―1選手権に参加している男子日本代表からMF橋本拳人(FC東京)がけがで離脱すると発表した。13日の練習で左ふくらはぎを痛めたという。 …続き (0:27)

前半、競り合う岩渕(左)=共同

 攻めてはエースがハットトリック、守っては無失点。スコアだけみれば文句のつけようがない完勝だが、中身はそうでもない。日本より二回りほど立派な体格を生かしてグイグイと迫る中国の圧力に、ボランチの三浦は「 …続き (14日 23:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]