/

川崎・三笘がMVP、プロ1年目で初 サッカー記者投票

全国のサッカー担当記者の投票による2020年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に、J1川崎のMF三笘薫が初選出された。プロ1年目での受賞は初めて。22日、東京運動記者クラブのサッカー分科会が発表した。

筑波大から加入した三笘は13ゴールを挙げて川崎のJ1制覇に貢献。有効投票201票のうち76票を集め、柏で活躍したオルンガ(アルドハイル)の72票を上回った。「サッカーを見てこられた方に評価されるのはすごくうれしいですし、光栄です」と喜びを語った。

1961年に創設された同賞は今回が60回目。対象はプロや学生、男女を問わない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン