/

ラグビー代表、ジョセフHCが続投 23年W杯も指揮

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=共同

日本ラグビー協会は18日、ワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表を8強に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=HC=(49)と2023年末まで契約を更新すると発表した。決定は16日付で、契約期間は来年1月1日から。現在の契約期間は19年末までだった。

ジョセフHCは16年秋に就任。2日に閉幕したW杯で日本は1次リーグを4戦全勝で突破して初の決勝トーナメントに進み、準々決勝では南アフリカに敗れた。日本協会はベスト8に導いた手腕を高く評価。継続強化に向けて10月下旬に続投要請することを決め、交渉を進めていた。

ニュージーランド出身のジョセフHCは選手としてニュージーランドと日本の代表経験を持ち、指導者に転身後は、15年に世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)を指揮して優勝を果たした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン