2019年3月21日(木)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング高山、引退し東京五輪に挑戦 ミニマム級王者

2017/4/3 13:41
保存
共有
印刷
その他

プロ引退と五輪挑戦を表明したWBOミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(3日、愛知県尾張旭市)=共同

プロ引退と五輪挑戦を表明したWBOミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(3日、愛知県尾張旭市)=共同

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(33)=仲里=が3日、プロを引退し、2020年東京五輪出場を目指すことを明らかにした。

愛知県尾張旭市で行われた名古屋産大の入学式に出席した後の記者会見で「プロとしてはやりきった。五輪を集大成の目標としてこれからキャリアを積んでいきたい」と表明した。世界王者がプロを引退し、五輪出場を目指すのは異例。今後はアマチュア側と調整などが必要になるとみられ「まだどうなるか分からない。手探りで戦っていく」と話した。

高山選手は大阪府出身で、日本で初めて世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング評議会(WBC)、WBOの主要4団体を全て制した。昨年8月には負傷判定勝ちで通算6度目の世界王座を奪取した。

今春には将来の教員免許取得を目指して30歳で入学した愛知・菊華高を卒業。今後は過去の試合で負傷したまぶたの治療をしながら、進学した名古屋産大がある愛知県に拠点を移して活動する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

世界初挑戦が決まり、ポーズをとるIBFスーパーフライ級1位の船井龍一(20日、東京都品川区のワタナベジム)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級1位の船井龍一(ワタナベ)が5月4日に米カリフォルニア州ストックトンで同級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に挑戦すると20日、所属ジムが発表した …続き (20日 19:38)

「ゴジラジャパン」の発表記者会見で記念写真に納まる柔道日本男子の井上康生監督(中央)ら。右は女子の増地克之監督(19日午後、東京都内)=共同

 全日本柔道連盟は19日、日本代表の愛称を「ゴジラジャパン」とすると発表した。日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが、今年で誕生65年を迎えて国際的な認知度もあるゴジラと共通点があると説明。ゴジ …続き (19日 20:02)

柔道GS大会から帰国し、取材に応じる永瀬貴規(19日、成田空港)=共同

 柔道のグランドスラム(GS)エカテリンブルク(ロシア)大会に出場した日本代表が19日、成田空港に帰国し、2016年リオデジャネイロ五輪男子81キロ級銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は2位に終わり「(決勝 …続き (19日 10:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]