2018年7月16日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング高山、引退し東京五輪に挑戦 ミニマム級王者

2017/4/3 13:41
保存
共有
印刷
その他

プロ引退と五輪挑戦を表明したWBOミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(3日、愛知県尾張旭市)=共同

プロ引退と五輪挑戦を表明したWBOミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(3日、愛知県尾張旭市)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(33)=仲里=が3日、プロを引退し、2020年東京五輪出場を目指すことを明らかにした。

 愛知県尾張旭市で行われた名古屋産大の入学式に出席した後の記者会見で「プロとしてはやりきった。五輪を集大成の目標としてこれからキャリアを積んでいきたい」と表明した。世界王者がプロを引退し、五輪出場を目指すのは異例。今後はアマチュア側と調整などが必要になるとみられ「まだどうなるか分からない。手探りで戦っていく」と話した。

 高山選手は大阪府出身で、日本で初めて世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング評議会(WBC)、WBOの主要4団体を全て制した。昨年8月には負傷判定勝ちで通算6度目の世界王座を奪取した。

 今春には将来の教員免許取得を目指して30歳で入学した愛知・菊華高を卒業。今後は過去の試合で負傷したまぶたの治療をしながら、進学した名古屋産大がある愛知県に拠点を移して活動する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

格闘技 一覧

7回、ビック・サルダール(右)のパンチを受け、ダウンを奪われる山中竜也(13日、神戸市立中央体育館)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は13日、神戸市立中央体育館で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は同級3位のビック・サルダール(フィリピン)に0―3で判定負けし、2度 …続き (13日 21:46)

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(13日・神戸市立中央体育館)の前日計量が12日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は47.5キロ、挑戦者で同級3位のビック・サルダ …続き (12日 18:06)

調印式を終え、ポーズをとるWBOミニマム級王者の山中竜也(左)とビック・サルダール(11日、神戸市)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(13日・神戸市立中央体育館)の調印式と記者会見が11日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は2度目の防衛へ「全ての面でレベルアップ …続き (11日 16:38)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]