/

中日・松坂、12年ぶり勝利 日本球界に復帰後初

プロ野球中日にテスト入団した松坂大輔(37)が30日、名古屋市東区のナゴヤドームで行われたDeNA戦に先発し、8四死球を出しながらも6回3安打1失点で今季初勝利(2敗)を挙げた。日本球界での勝利は西武時代の2006年9月以来、約12年ぶり。日本では通算109勝目、日米合計で165勝目となった。試合は3-1だった。

松坂は神奈川・横浜高時代に甲子園大会で春夏連覇を達成。西武では3年連続で最多勝となった。米大リーグのレッドソックスに移籍した07年はワールドシリーズ制覇に貢献。その後は右肩などの故障に苦しみ、15年に日本球界復帰後、ソフトバンクでは3年間で1軍登板が1試合だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン