/

飛び込み男子の寺内がコロナ感染 東京五輪代表

飛び込み男子で東京五輪代表に決まっている寺内健選手(39)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと3日、所属するミキハウスが発表した。

ミキハウスによると、7月25日に初期症状が出て自宅で静養していたが27、28日に37度台の発熱を確認。24日の練習後に会った知人が30日に陽性判定を受け、濃厚接触者として寺内選手も31日に検査し、8月1日夜に陽性判定が出た。現在は入院中で発熱や味覚異常などの症状があるという。

寺内選手は五輪に過去5度出場した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン