プロ野球

ロッテ藤原、動画サイトでプレー研究 打力向上に手応え

2020/4/21 9:06
保存
共有
印刷
その他

ロッテの藤原恭大外野手が20日、球団広報を通じ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために球団施設が使用できない中、素振りや体幹強化に励んでいることを伝えた。動画投稿サイト「ユーチューブ」でプレーの研究もしているそうで「いつ開幕するか分からない状況だが、できることを毎日しっかりやりたい」とコメントした。

大阪桐蔭高からドラフト1位で入団した昨季は開幕戦に先発出場を果たしながら、6試合で打率1割5厘に終わった。打力向上に手応えをつかんでおり「今年は1軍でしっかりと結果を出したい。勝負の年と思って一年をスタートさせた。最初に打ち立てた気持ちを忘れずに頑張る」と決意を語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

5回ソフトバンク1死満塁、グラシアルが中前に適時打を放つ(22日、札幌ドーム)=共同

【ソフトバンク4―2日本ハム】ソフトバンクが15年ぶりの11連勝。二回に牧原の適時二塁打で先制し、五回は守備の乱れからグラシアルの適時打などで3点を追加した。ムーアは7回無失点で6勝目を挙げ、森が28 …続き (22日 21:41)

 阪神の生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)が22日、来季の去就について球団と話し合ったことを明らかにし、球団を通じ「タイガースのユニホームを着て、皆さんの前でプレーするのは今季が最 …続き (22日 18:08)

 日本ハムの吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)は22日、札幌ドームで取材に応じ、今季就任9年目の栗山英樹監督の去就について「現状は何も決まっていない。シーズンの全日程が終わるまでは何も決定しない」と強調 …続き (22日 16:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]