/

幕内栃乃若が引退 26歳、春日野親方「びっくりした」

大相撲の幕内栃乃若(26)=本名李大源、兵庫県出身、春日野部屋=が15日、日本相撲協会に引退届を提出した。気力の衰えが理由とみられ、師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「びっくりした。まだこれからなのに。残念だ」と話した。

師匠によると今月上旬の冬巡業終了後に引退の申し出があったという。九州場所は東前頭15枚目で3勝12敗と負け越し、来年1月の初場所は十両転落が確実となっていた。

兵庫・報徳学園高で高校横綱になり、2007年初場所初土俵。10年秋場所で新十両、11年技量審査場所で新入幕を果たした。195センチの長身で左四つからの寄りを得意とし、最高位は西前頭筆頭だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン