/

早大6連勝、筑波大は大勝 関東大学ラグビー

ラグビーの関東大学リーグは23日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦の3試合が行われ、昨季の大学王者、早大が慶大を22-11で下して開幕6連勝とした。優勝争いは早大と5勝1敗の明大に絞られ、12月6日の直接対決で早大が勝つか引き分ければ2季ぶりの優勝が決まる。慶大は4勝2敗。

慶大―早大の後半、トライを決める早大・河瀬(22日、秩父宮)=共同

早大は前半に12-6とリードし、後半は1トライを返されて15-11と迫られたが、26分のFB河瀬のトライで突き放した。定期戦、対抗戦での両校の通算対戦成績は早大の70勝20敗7分けとなった。

筑波大は青学大に80-15で大勝、日体大は立大に23-21で競り勝った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン