/

相撲協会、時津風親方に退職勧告処分 間垣親方が部屋継承へ

日本相撲協会は22日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、1月の大相撲初場所中にマージャン店に行くなど、協会の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反した時津風親方(47)=元幕内時津海、本名坂本正博、長崎県出身=を退職勧告処分とした。

これを受け、大関正代関らが所属する時津風部屋を、部屋付きの間垣親方(元幕内土佐豊)が継承することも決まった。

時津風親方は昨年も、不要不急の外出禁止期間に地方でゴルフをするなど違反を犯し、委員から年寄への2階級降格処分を受けていた。2度目の今回は厳罰が避けられなかった。関係者によると、時津風親方は処分内容にかかわらず、退職の意向を固めていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン