/

東京パラ陸上、リオ銅の辻らが代表内定 平昌で金の村岡も

東京パラリンピックの陸上日本代表に、前回リオデジャネイロ大会女子400メートル(上肢障害T47)銅メダルの辻沙絵(日体大教)や、アルペンスキーの2018年平昌冬季大会金メダリストで女子100メートル(車いすT54)の村岡桃佳(トヨタ自動車)ら、12選手が新たに内定した。日本パラ陸連と日本知的障がい者陸連が10日発表した。

19年4月から2年間の成績が反映される世界パラ陸連のランキングで6位以内に入って出場枠を獲得し、国内両陸連の規定で代表に内定した。

リオ大会男子5000メートル(車いすT54)4位の樋口政幸(プーマジャパン)は3大会連続の代表。男子マラソン(上肢障害T46)のアジア記録を持つ永田務(新潟陸協)や、男子やり投げ(上肢障害F46)の山崎晃裕(順大職)も名を連ねた。

追加内定選手は次の通り。

▽男子 樋口、永田、山崎、石田駆(愛知学院大、上肢障害T46)赤井大樹(十川ゴム、知的障害)岩田悠希(ワンズパラアスリートク、知的障害)

▽女子 辻、村岡、沢田優蘭(マッシュホールディングス、視覚障害T12)喜納翼(タイヤランド沖縄、車いすT54)古屋杏樹(彩tama陸上ク、知的障害)外山愛美(宮崎銀行、知的障害)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン