/

プロ野球、21年は例年通り143試合 五輪期間中は中断

セ、パ両リーグは9日、2021年のセ・リーグ公式戦と交流戦の日程を発表した。今季は新型コロナウイルス感染拡大により開幕が約3カ月遅れ120試合に短縮されたが、来季は3月26日にセ、パ同時に開幕し例年通り143試合を行う。パの日程は後日発表される。

クライマックスシリーズ(CS)の日程は発表されていないが、上位3チームがファーストステージ、ファイナルステージを戦う通常の形式で開催する方針。今季はセが中止、パが短縮開催となっていた。

1年延期された東京五輪・パラリンピックの開催に伴い、7月19日から8月12日まではシーズンを中断する。五輪で横浜スタジアムと神宮球場が使用されるため、両球場を本拠地とするDeNA、ヤクルトは五輪前後を含む期間の主催試合を東京ドームなど別球場で開催する。

交流戦は5月25日に開幕し、今季中止となった組み合わせをそのまま持ち越した。各チームが相手リーグ6球団と3試合ずつ、計18試合を戦う。

コロナ禍で来年も東京五輪が開催されなかった場合は、日程の再編もあり得る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン