/

加藤組が1回戦敗退 東レテニス、大坂の初戦相手は世界181位

女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンが16日、大阪市のITC靱TCで開幕し、ダブルス1回戦で加藤未唯(ザイマックス)ストーム・サンダース(オーストラリア)組がガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)キャロリン・ガルシア(フランス)組に敗れた。

ダブルス1回戦で敗れた加藤(奥)、サンダース組(16日、ITC靱TC)=共同

加藤のペアは4-6、6-3で迎えた10点先取のマッチタイブレークを8-10で落とした。

シングルスで第1シードの大坂なおみ(日清食品)の初戦となる2回戦の相手は世界ランキング181位のビクトリア・トモバ(ブルガリア)に決まった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン