/

ロッテ佐々木朗希、現状維持1600万円 「まず試合で投げる」

ロッテの佐々木朗希投手が14日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1600万円でサインした。ドラフト1位で入団した今季は1、2軍の公式戦での登板がなかった。「思い通りになることは少ない。来年、再来年に生きるようにしたい」と一年を総括した。

契約更改交渉を終え、来年の目標を漢字1字で記したロッテ・佐々木朗(14日、ZOZOマリン)=代表撮影・共同

5月26日に初めて実戦形式のシート打撃に登板して160キロを2度記録。投げた後の体への反動が大きく、その後は練習のペースを落とした。「投球フォームなど細かい部分を見つめ直した。投手は繊細なので、そういうところを自分のものにしたかった」と話した。

現在はキャッチボールを重点的に行い、地道に土台づくりをしている。来季に向けて「まずは試合に投げて、その中で結果がついてくるように頑張りたい」と意気込みを示した。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン