2019年9月17日(火)

プロ野球

巨人・長野が広島に移籍 両球団発表、丸の人的補償で

2019/1/7 15:58
保存
共有
印刷
その他

巨人の長野久義外野手=共同

巨人の長野久義外野手=共同

巨人がフリーエージェント(FA)で獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に長野久義外野手(34)が移籍することが7日、両球団から発表された。巨人は炭谷銀仁朗捕手の人的補償で内海哲也投手が西武に移籍したのに続き、生え抜きのベテランが移籍することになった。

長野は巨人を通じ「3連覇している強い広島に選んでいただけたことは選手冥利に尽きる。巨人では皆さんの支えのおかげでここまで頑張ることができた。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしている」と述べた。

広島の緒方孝市監督は球団を通じ「リーグ4連覇、そして日本一へ向けて大きな戦力になってくれると期待している」とコメントし、松田元オーナーも「(これまで長野に)痛い目に遭わされた」との言い回しで、勝負強さを評価した。

長野は福岡・筑陽学園高から日大、ホンダを経て2010年にドラフト1位で巨人入り。1年目に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。11年から3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。昨季は116試合に出場して打率2割9分、13本塁打、52打点で、通算成績は打率2割8分6厘、137本塁打、500打点。

巨人の石井一夫球団社長は「内海選手に続き、チームの顔として活躍してくれた長野選手を送り出すのは断腸の思い。長年の功績に感謝するとともに今後の活躍を期待している」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球 …続き (12:42)

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

8回ヤクルト無死、村上が左越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(16日、マツダ)=共同

【ヤクルト6―4広島】ヤクルトが4本塁打を含む12安打で勝った。1―1の三回に山田哲が勝ち越し二塁打を放ち、四回に一発を打った村上が5―3の八回は35号ソロ。高橋は要所で変化球を決め、七回途中3失点で4勝目。広島は大瀬良がヤクルト戦初黒星。 …続き (16日 18:22更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。