/

山口俊、メジャー挑戦 巨人が初のポスティング容認

巨人の山口俊投手(32)が18日、今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦すると表明した。巨人が同制度での移籍を認めるのは初めて。山口は東京都内のホテルで記者会見を行い「新たな挑戦に向けてより一層精進していきたい」と話した。

米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日午後、東京都内のホテル)=共同

会見に同席した巨人の今村司球団社長は、2016年オフにフリーエージェント(FA)で獲得した際に、ポスティング制度を利用できる権利を与えていたと説明。山口は「この先の野球人生、年齢を考えて、夢、挑戦というところでまだまだやっていきたいという思いが勝った」と決断した理由を語った。

山口は今季、15勝4敗でセ・リーグ最多勝、奪三振王、勝率第1位の3冠に輝き、チームの5年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本代表として「第2回プレミア12」に出場した。

大分・柳ケ浦高から高校生ドラフト1巡目で06年に横浜(現DeNA)に入団。12年には通算100セーブを当時の史上最年少記録となる25歳1カ月で達成。14年から先発に再転向し、初の2桁となる11勝を挙げた16年オフに国内FA権を行使して巨人に移籍した。通算成績は427試合に登板し、64勝58敗112セーブ、防御率3.35。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン