/

世界空手6日に開幕 16年優勝の喜友名ら出場

【マドリード=共同】空手の世界選手権は6日にマドリードで開幕し、男女の形と組手各5階級、団体の形と組手が行われる。日本勢は前回の2016年大会を制した形の男子、喜友名諒(劉衛流龍鳳会)、女子の清水希容(ミキハウス)、組手の男子84キロ級の荒賀龍太郎(荒賀道場)、女子68キロ超級の植草歩(JAL)らが出場する。

6日は男女の形と組手が始まる。連覇が懸かる4人に加え、組手の男子84キロ超級の香川幸允、女子68キロ級の染谷香予(ともにテアトルアカデミー)が登場する。

追加種目で行われる20年東京五輪の出場権に直結するランキングのポイント配分が他の大会より大きく、日本勢は個人種目での金メダルを前回の4個から5個への上積みを目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン