スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬「優勝50度目指す」 九州場所Vから一夜明け

2019/11/25 12:34
保存
共有
印刷
その他

大相撲九州場所で4場所ぶり43度目の優勝を果たした横綱白鵬が千秋楽から一夜明けた25日、福岡市内で記者会見し、優勝50度を目指すと明言した。来年の東京五輪まで現役を続けることは公言してきたが、「2年後か3年後か分からないけど」と大きな目標を口にした。

優勝50度の色紙を手に、ポーズをとる白鵬(25日午前、福岡市)=共同

優勝50度の色紙を手に、ポーズをとる白鵬(25日午前、福岡市)=共同

今年は3場所で休場するなど負傷に苦しんだ。「(春場所の)千秋楽でけが(右上腕の筋断裂)をして、お医者さんから、ほぼ治らないと言われた。晴れ舞台には立てないかと思った」と感慨に浸った。

令和になっての自身初優勝で、9月に日本国籍を取得してから初めて賜杯を抱いた。上位陣に休場が相次いだ中で「ここで踏ん張らないといけないという気持ちになった」と奮起。14日目に優勝を決め、横綱としての役割を果たした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲初場所の優勝から一夜明け、記者会見でポーズをとる徳勝龍(27日午前、東京都墨田区の木瀬部屋)=共同

 大相撲初場所で20年ぶりの幕尻優勝を果たした西前頭17枚目徳勝龍(33)=本名青木誠、奈良市出身、木瀬部屋=が千秋楽から一夜明けた27日、東京都墨田区の同部屋で記者会見し、喜びを語った。興奮してあま …続き (12:35)

貴景勝を破って初優勝を決め、感極まった表情の徳勝龍(26日、両国国技館)=共同

 角界の乱世ここに極まれり、という結末だった。両横綱が早々と姿を消し、豪栄道や高安ら大関経験者が軒並み負け越す大荒れの場所を締めたのは伏兵中の伏兵。番付表をひっくり返すような徳勝龍の幕尻優勝は、上位と …続き (26日 22:19)

三賞を受賞した5力士。後列左から敢闘賞の正代、殊勲賞と敢闘賞の徳勝龍、殊勲賞の遠藤。前列左から敢闘賞の霧馬山、技能賞の北勝富士(26日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所千秋楽の26日、三賞選考委員会が開かれ、14勝1敗で初優勝した西前頭17枚目の徳勝龍が殊勲賞と敢闘賞を獲得した。33歳5カ月での三賞初受賞は4番目の年長となった。

 殊勲賞はこの他、2横綱 …続き (26日 21:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]