その他スポーツ

13歳玉井陸斗が最年少V 飛び込み日本選手権

2019/9/23 17:38
保存
共有
印刷
その他

飛び込みの日本選手権最終日は23日、金沢市の金沢プールで行われ、男子高飛び込みは、11日に13歳になったばかりの玉井陸斗(JSS宝塚)が498.50点で初優勝した。日本水連によると、1994年に13歳11カ月で同種目を制した寺内健(ミキハウス)を抜いて大会史上最年少優勝となった。

男子高飛び込み決勝 優勝した玉井陸斗(23日、金沢プール)=共同

男子高飛び込み決勝 優勝した玉井陸斗(23日、金沢プール)=共同

兵庫・高司中1年の玉井は、4月の日本室内選手権を最年少で制したが、国際水連の規定で五輪や世界選手権などは「競技会開催年の12月31日に14歳未満の選手は出場できない」とあるため、7月の世界選手権には出場できなかった。東京五輪は年齢の規定をクリアできる。玉井は五輪最終予選となる来年4月のワールドカップ(W杯)で代表入りを目指す。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

父の思い出を鮮明に語ったエバ・ロフラーさん(英オールドバラの自宅で)


 「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ」
 英国のストーク・マンデビル病院で、1948年にパラリンピックのルーツとなる障害者のスポーツ大会を始めたドイツ人の医者、ルードウィヒ・グットマン …続き (5日 20:23)

 バドミントンのS/Jリーグ委員会が、女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組らが加入する新設チーム、丸杉Bluvicのリーグ1部への参加について、リーグ所属チームに対し「了承した事実はありません」と連絡し …続き (5日 18:31)

 自転車マウンテンバイクの東京五輪代表に決まった男子の山本幸平(DREAM SEEKER RACING TEAM)と女子の今井美穂(CO2bicycle)が5日、オンライン会見で決意表明し、4大会連続 …続き (5日 17:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]