/

なでしこ、米遠征に出発 高倉監督「世界で勝つため発見を」

米国で開催される国際親善大会「シービリーブスカップ」への出発前、取材に応じるサッカー女子日本代表の高倉監督(2日、成田空港)=共同

サッカー女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」に出場する日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督が2日、開催地米国への出発前に成田空港で取材に応じ「世界で勝つために、チームの修正点、できることを発見したい」と意気込みを語った。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、東京五輪へ向けて重要な強化の場となる。監督は「万全を期して準備する。何が起こるか分からないのはグラウンド上も一緒。常にベストを尽くす」と話した。

大会は4チーム総当たりで、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで10位の日本は3月5日(日本時間6日)に13位のスペイン、8日(同9日)に6位のイングランド、11日(同12日)に1位の米国と対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン