/

空手、五輪代表見直し決定 全競技で初

全日本空手道連盟は22日、新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京五輪の代表について、組手の男子67キロ級と女子61キロ級の選考を見直すことを正式決定したと発表した。いったん確定した日本代表の再選考は全競技を通じて初めて。

日本勢にとって最後の五輪ランキングのポイント対象大会だった3月のプレミアリーグ(PL)ラバト大会(モロッコ)が中止され、佐合尚人(高栄警備保障)と染谷真有美(テアトルアカデミー)が、その時点でのランキングで代表に確定した。しかし、その後世界空手連盟(WKF)が来年に代替大会を実施することを決めた。

男子67キロ級は佐合と篠原浩人(マルホウ)、女子61キロ級は染谷真と森口彩美(AGP)の争いとなる。日本は男女の組手と形の全8種目で1枠ずつの開催国枠がある。既に代表に確定している他の6選手には影響はない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン