/

楽天・田中「全試合出る」 18年新人王が意気込み

昨季、パ・リーグ新人王に輝いた楽天の田中和基外野手が7日、楽天生命パーク宮城の室内練習場で練習を公開し「1番・中堅を全力で取りに行く。143試合全部出る」と意気込みを語った。

打撃練習では無駄な動作を省いて打つことに加え、長打になる打球の角度を意識して念入りにフォームを確認した。昨季は105試合に出場して18本塁打。今季は25本塁打を目指し「当てにいくより、振った方が相手バッテリーに重圧がかかる」と言葉に力を込めた。

昨季限りで現役を引退した西武の松井稼頭央2軍監督と昨オフは合同で自主トレーニングを行ったが、今オフは単独で練習する。昨年取り組んだメニューは変えず「どっかに行って勉強するよりも2018年にできたことをやれればと。今までやってきたことを継続してやりたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン