/

競泳・萩野ら、スペイン合宿打ち切り帰国

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてスペインでの高地合宿を途中で切り上げた競泳男子の萩野公介(ブリヂストン)や女子の大橋悠依(イトマン東進)、指導する平井伯昌コーチらが16日、成田空港に帰国した。

スペインの非常事態宣言を受け、当初は25日の予定だった帰国を前倒しした。17日に現地を離れる航空便をいったんは確保したが、合宿していた施設が閉鎖されることになり、さらに帰国を早めた。東京五輪代表選考会を兼ねる4月2日開幕の日本選手権(東京アクアティクスセンター)に向け、今後は国内で調整を続ける。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン