/

小結・魁聖が途中出場へ 九州場所3日目に高安戦

左ふくらはぎの負傷で大相撲九州場所を初日(11日)から休場していた西小結の魁聖(ブラジル出身、友綱部屋)が3日目の13日から出場することが12日、決まった。大関高安戦が組まれた。

13場所ぶりに小結に復帰した魁聖は場所前の稽古で痛め「左腓腹筋内側の肉離れで約2週間の安静加療を要する見込み」と診断されていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン