2019年5月22日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

春場所全勝Vの白鵬、賜杯「重みある」
右上腕負傷で当面安静

2019/3/25 13:45
保存
共有
印刷
その他

平成最後の本場所となった大相撲春場所で全勝し、3場所ぶり42度目の優勝を果たした横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が千秋楽から一夜明けた25日、大阪市内のホテルで記者会見し、右上腕付近を痛めながら手にした平成最後の賜杯に「目に見えない重さがあった」と、しみじみ語った。

大相撲春場所の優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する横綱白鵬関(25日午前、大阪市内のホテル)=共同

大相撲春場所の優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する横綱白鵬関(25日午前、大阪市内のホテル)=共同

2場所連続の休場明けだった白鵬関は本来の勝負強さを取り戻し、自身の最長記録を更新する14年連続制覇を達成した。しかし、優勝を決めた千秋楽の横綱鶴竜関戦で負傷した。24日夜に治療を受け、会見では腕を少し上下させる動きを見せた。筋肉などが切れている可能性を示唆し「とにかく相撲から離れて安静にしたい」と述べた。

関脇貴景勝関が大関昇進を確実にしたことについては「押し一本。人間は一つのことをやり続ければ結果を出せるというのを伝えたのではないか」と話した上で、今後は安定感を増すために四つ相撲の必要性も説いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

鶴竜(奥)が阿炎をはたき込みで破る(21日、両国国技館)

 もろ手で突かれ、のど輪でのけぞらされながらも、鶴竜の目は阿炎をじっと見据えていた。「まあ9割はそういう感じで来るわけですから」。全てお見通しだよ、といわんばかりの落ち着きで勝機を待つ横綱が、攻め込ま …続き (21日 23:40)

鶴竜が阿炎をはたき込む(21日、両国国技館)=共同

 大相撲夏場所10日目(21日・両国国技館)一人横綱の鶴竜は平幕阿炎を冷静にはたき込んで1敗を維持した。関脇栃ノ心は小結御嶽海を寄り切って9勝目を挙げ、大関復帰まであと1勝とした。
 3敗の2大関は高安 …続き (21日 19:25)

(東) (西)
千丸0―0琴恵
翔鵬1―0矢後
照強0―0栃煌
輝 5―5千翔
炎鵬0―0友風
錦木4―2徳勝
佐海2―4朝山
石浦0―1明生
正代8―3松鳳
志摩0―0嘉風
宝富2―3阿武
千大10―5玉鷲
隠岐8―3大栄
…続き (21日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]