スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

リオンリオンが重賞2勝目 競馬のセントライト記念

2019/9/16 17:54
保存
共有
印刷
その他

第73回セントライト記念(16日・中山11R2200メートル芝18頭、G2)1番人気のリオンリオン(横山典弘騎乗)が2分11秒5で優勝し、重賞2勝目を飾った。

道中3番手を進んだリオンリオンは最後の直線で力強いストライドで抜け出し、2着に健闘した8番人気のサトノルークスに2馬身差をつける完勝だった。3着に3番人気のザダルが入り、上位3頭が菊花賞の優先出走権を獲得した。

払戻金は単勝が530円、枠連は(1)-(4)で760円、馬連は(2)-(8)で4530円、馬単は(8)-(2)で8240円、3連複は(1)-(2)-(8)で1万190円、3連単は(8)-(2)-(1)で5万8690円、ワイドは(2)-(8)が1500円、(1)-(8)が810円、(1)-(2)が2340円。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 日本中央競馬会(JRA)は21日の定例記者会見で、計156頭の競走除外馬を出した禁止薬物問題の再発防止対策を発表した。JRA施設内における飼料販売業者を承認制とし、厩舎関係者が競走馬に与えることがで …続き (19:37)

 日本中央競馬会(JRA)は21日、2020年の日程を発表し、東京五輪期間中(7月24日~8月9日)は馬術競技への所属獣医師、馬運車の派遣要請への対応と、暑熱対策のため例年の3場開催から小倉を休止し、 …続き (18:06)

菊花賞で優勝した武豊騎乗のワールドプレミア(左)=共同

 「ひと言で(いえば)騎手がうまいですよね」。最後の一冠を制したワールドプレミアの友道康夫調教師は勝因を問われ、こう答えた。この言葉通り、50歳7カ月6日という菊花賞の最年長優勝記録を更新した武豊の熟 …続き (20日 23:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]