/

リオ五輪金のプイグ、東京五輪を欠場 女子テニス

【ニューヨーク=共同】2016年リオデジャネイロ五輪のテニス女子シングルスでプエルトリコ史上初の金メダルを獲得したモニカ・プイグが、東京五輪を欠場すると6日、自身のインスタグラムで公表した。約1週間前に右肩の手術を受け、来季の復帰を目指すという。

27歳で世界ランキング168位のプイグは、昨年の全仏オープン以降、ツアー大会に出場していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン