/

キャンプで集団感染、継続可否は医療機関と協議 プロ野球など

プロ野球とサッカーのJリーグは25日、オンラインで「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開き、キャンプ中に集団感染が発生した場合、専門家や現地医療機関と協議して継続の可否を判断する方針を示した。キャンプ地の医療体制を圧迫しないよう、感染者は宿泊療養を原則とする。

プロ野球の斉藤惇コミッショナーは会議後の記者会見で「中断の条件を頭に入れておかなければならないが、最初からルールを決めるのは難しい。専門家に相談しながら、地元医療機関との判断によって決めざるを得ない」と述べた。

感染拡大を受け、多数のキャンプ地を抱える宮崎県、沖縄県は無観客での実施を要請。プロ野球は全球団が観客なしでキャンプインすることを決めた。Jリーグも自治体の求めに従う方針で、サポーターに見学自粛を呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン